TOTAL ACCESS : +4713593



RANDOM PICKUP VREAPの過去の記事です。カーソルを合わせるとプレビュー表示

VREAPの過去の記事です。カーソルを合わせるとプレビュー表示

NEW COMMENT
最新コメントの一覧です。



← 前の記事
「「イノセンス」公式サイトオープン」
次の記事 →
「googleが好印象な理由」

 240×180 px (1.3分の1に縮小)/ 8852 bytes
▲88人切りシーン。いくらでもツッコミをどうぞ。
movie
[ 映画・映像 ]

KILL BILL vol.1

POSTED BY hungedman  | 2003.11.04 TUE 22:51 | 編集 | 削除
押井守は実写映画を撮るとき、セルアニメの手法を持ち込むという実験を進んでやってます(顕著なのは「紅い眼鏡」(1988年))。

実写でそういう表現を直接やると、コミカルさを狙ってるシーンなんかは、こうコミカルなんだけどちょっとくどいなぁ、というふうに思ってしまったもんなんですが、「コミカル」という所に着目した場合、クエンティン・タランティーノのセンスには唸らされるものがあります。くどさが無くマンガっぽい。・・・というのが全体を通しての印象。

「で、今までのタランティーノ作品と比べてどうなのよ」という点ですが、とりあえず中身無し。「ますます洗練されたB級」というか。失笑の嵐。世間的には評価良くないだろうなぁ。

今回、前半の日本に渡るまでのシーンまでは、「パルプフィクション」に通じる独特の空気感が出てたんで、こう「今までの水準を下回ってはいないかなぁ。」と安心して見てたものの、中盤から、日本に舞台が移ってから、もう最高のはちゃめちゃ加減。「女子高生+鉄球」VS「白人女+日本刀」?!爆笑。それに外人が喋るつたない日本語でもガクッとくるのに、出てくる日本人ですらつたないのはどういうことだよ!外人が描く日本ってどうしてこうトチ狂ってるんだ・・。

【関連】 「Kill Bill」公式WEB / 「Kill Bill」公式WEB(日本版)

この記事にコメントを書く


N A M E … 必ず入力してください。
P A S S - N O   ・・・ 指定しない場合、誰でも削除可。8文字まで。
C O O K I E …チェックを入れるとクッキー削除
M A I L
W E B
T I T L E

T E X T

[ タグ挿入リンク(<a>) | 囲い枠(blockquote) ]
  • タグが使用可
  • リンクは手動で張ってください(上記挿入ツール推奨)



    F I L E
  • 64KB (65536 bytes)まで。対応画像ファイル: GIF, JPG, PNG
  • 日本語のファイル名ではアップロードできません。

    右側に配置 左側に配置
    画像の上にバーを付ける 画像をそのまま表示する
  • 自分ででこぼこな形にトリミングしたり、枠をつけたりした場合は「そのまま表示」して下さい。

    F I L E - C A P T I O N
  • 画像の下にキャプションを入れることができます。▲は入れないで下さい。
  • タグが使用可
  • #

    ADVERTISE
    BLOG SEARCH
    ブログ総合サイトから、関連記事を検索できます。

    Myblog japan
    はてなダイアリー


    トップページ / 最終ページ


    THANK YOU FOR YOUR INTEREST IN


    MAIL
    RSS 1.0/ RSS 2.0 / ATOM [ SHIFT-JIS ]
    RSS 1.0 / RSS 2.0 / ATOM [ UTF-8 ]
    RSS 1.0をBulkFeedsで表示
    OLD CONTENTS [〜2002.06.20]
    about MEGADEMO & NETLABEL


    Copyright © 2000-2004
    VREAP GATHERING SYSTEM Some Rights Reserved.